新宿山吹高校自治委員会の第2期自治委員会議第1回定例会で、「カーニバル山吹・生徒会から山吹生を守る党」の白沢カナメ自治委員は代表質問を行い、磯田自治長が共産党員であるという噂について追及した。

 これに対し、磯田自治長は、「共産党員ではない」「民青という団体に所属した覚えもない」と完全否定。また、磯田自治長は、自治委員会の公式活動として共産党所属の都議会議員と会ったことは一度もないと回答した。


 その上で、磯田自治長は、「私は、自治委員会活動を通じて、校民の自由と人権を擁護し、校内の生活を改善することを目指しています。特定の政治的主張を行うために校内に進出しているわけではありませんことをここに明確に宣言させていただきます」と強調した。

 このほか白沢委員は生徒会会費の強制徴収問題について磯田自治長の見解を質し、「生徒会会費の強制徴収の中止と寄付制への転換」という回答を引き出した。

(本紙編集局)