YAMABUKI JOURNAL電子版

都立新宿山吹高校生が自主管理・運営している「YAMABUKI JOURNAL」のニュースサイトです。山吹の情報を網羅してお伝えしてまいります。

カテゴリ: 政治

 都立新宿山吹高校で休校中の学習支援として「Classi」が導入されたが、都立高校で唯一の情報科を設置している我が校では校民から不安の声が上がっている。

 新宿山吹高校では臨時休校が長期化していることを踏まえ、8日、ベネッセとソフトバンクの合弁企業が運営しているオンライン学習支援クラウド「Classi」の導入を発表。家庭学習を補完する目的での導入だという。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



 新宿山吹高校自治委員会は、14日、休校中で学校に来られない山吹生に向けた動画メッセージを公開した。

 動画の長さは1分59秒。磯田航太郎自治長が自ら出演し、山吹生へのメッセージを読み上げている。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

電話会談
画像:(左)磯田航太郎自治長、(右)平松けんじ日本自治委員会議長

 新宿山吹高校自治委員会の磯田航太郎自治長が、11日夜、自治委員会運動の全国組織・日本自治委員会の平松けんじ議長と電話で会談していたことが、12日、わかった。新宿山吹高校自治委員会事務局幹部が明かした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

校長室
 6日に行われた新宿山吹高校の永浜裕之校長と同校自治委員会の磯田航太郎自治長の会談で、永浜校長が磯田自治長について「行動力があって尊敬している」と発言していたことが、新たにわかった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新宿山吹高校自治委員会は、6日の永浜裕之校長と磯田航太郎自治長の会談結果を受け、「十分対話可能な状況が生じている」(事務局幹部)ことから、日本自治委員会に対して発出していた「紛争介入要請」を廃止する方針を検討し始めた。

 磯田自治長周辺は「もはや紛争状態とは言えなくなってきている」として、昨年、梶山隆校長(当時)率いる学校当局との学校紛争解決を目的とした、日本自治委員会への紛争介入要請を撤回する意向を明らかにしている。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 6日に行われた、新宿山吹高校自治委員会・磯田航太郎自治長と永浜裕之校長の会談で一気に紛争終結に向け、雪解けムードが醸成される中、水を差す出来事が同じく6日に発生した。

 磯田自治長が山﨑新副校長に祝辞を述べている最中、藤田豊副校長が「磯田がぶつかってきた」「磯田が有形力を行使した」と因縁をつけ、怒鳴りつける騒ぎが発生したのだ。

 藤田副校長は、磯田自治長が手に持っていた資料を覗き見ようとしたり、「邪魔だ」と怒鳴りつけるなど終始敵対的行動をとった上、資料を見られまいとした磯田自治長に故意にぶつかられたと主張。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新宿山吹高校自治委員会の磯田航太郎自治長と都立新宿山吹高校の永浜裕之新校長が、6日、校長室で会談した。

 会談は磯田自治長による永浜新校長の就任への祝意表明として行われた。磯田自治長は会談の冒頭、永浜校長の就任に際して祝意文を読み上げ、着任を歓迎した。磯田自治長からの祝意表明に対し、永浜校長は「ありがとうございます。お祝いしていただいて。」と応じ、会談は終始和やかな友好ムードで進んだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ